お葬式の一般葬とは?

お葬式の一般葬について

お葬式の一般葬について お葬式の形態ですが、親族のみで行う家族葬、お通夜をしない一日葬、火葬のみで済ませるプランなど、葬儀の形態は複数あります。予算の問題や故人及び生存されている家族の考えなどを踏まえて、葬儀社とお葬式のプランを決める場合が多いです。その上で、最も多いお葬式の形態は、昔ながらの一般葬です。宗派によって式の流れは変わりますが、こちらでは仏式での一般葬に絞って記していきます。

一般葬の大きな特徴としては、親族はもちろん故人の友人や同僚、近隣住人など幅広い方に参列してもらえることです。その分、大人数になることが多いので、礼状の送付から、参列者へのおもてなし、香典返しの準備を行う必要があります。近年では、多くの葬儀社が会場の手配から各種準備全てにおいて、サポートしてくれるプランを揃えていますから、主催者側の立場としては、事務的な準備についての負担は少なくなっています。その分、参列者へのおもてなしをメインに行うことが出来ます。その点を踏まえた上で参列される人数の概算をして、プランを選ぶことがスムーズな葬儀の運営に繋がります。

しかし、参列される方の人数が多く、初対面の方もいる場合では、主催者側は準備やおもてなしに少なからず負担がかかります。葬儀社が各種さまざまなサポートから、相応な祭壇などの手配をしてくれるので、それだけでも故人を見送るにあたり、主催者側はもちろん参列者側も落ち着いて葬儀に参加することが出来ます。位牌はお寺の方で作成していただけますが、お葬式を終えた後、各種法要並びに自宅にて毎日お参りをすることを踏まえて、納得のいく位牌を選ぶ必要があります。

そのほか決めるべきことは、喪主や世話役、受付などの役割分担から、斎場、火葬場の手配をすることが挙げられます。火葬は、葬儀後に行うと手間がかかりませんが、混み具合など火葬場の空き具合によっては、日程を開けてから行います。参列される方への案内ですが、人数が多い場合は、グループ分けをして会社の上司や友人知人の代表者に報告する流れにすることで、お葬式当日までにスムーズに連絡することができます。遺影写真の準備、喪服、お布施などの用意も必要です。

一般葬でのお葬式は、親族以外に様々な方が来られます。その分各種準備が必要となりますが、葬儀社と相談し、適切なプラン選びがポイントとなります。事務的な作業を葬儀社に任せられる場合は、主催者の負担軽減に繋がります。

最新のお知らせ

  • [2019年09月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年09月06日]
    運営者情報を追加しました。